• 最先端治療アクアミドジェル
  • 無料カウンセリングは」こちら
  • 無料メール相談
  • ご予約

アクアミドtopics01

Aquamid WorkShop

はじめに

日本初のアクアミド・ワークショップ(講習会)が、CONTURA社の協賛で2004年9月18日土曜日、東京、六本木1丁目の泉ガーデンタワー21階で開催されました。多数の参加者があり、当院からもDRが2名参加し、ワークショップを受講。その模様をご報告します。

Meeting Place -会場- Meeting Place -会場- Meeting Place -会場-

会場となったのは、泉ガーデンタワー。六本木にある総ガラス張りのビル。ビルの21階「コンファレンスセンター」が会場の入り口。40~50名ほど、日本・海外のドクター、ナース、その他、医療関係者が、多数参加していました。

Organizer -主催者- Organizer -主催者-

主催者側からの挨拶の画像です。アクアミドの製造元で、デンマークのCONTURA社の技術部門の方と、DR.ANDREW TUANANHLE先生(現在オーストラリアで美容外科クリニックを開業している医師で、鼻の美容外科では世界的権威の一人)このお2人に、アクアミドについて、特徴・特性・鼻への注射の方法・安全性・報告されている合併症など、多種多様な講義・説明を受けました。もちろん、全て英語での説明のため、同時通訳がありました。

Lecture -講義-
Lecture -講義- Lecture -講義-

講義の内容は、およそ我々が知識として持っているものが大半でした。特徴・構造・安全性・製造過程などが詳細に講義されました。CONTURA社の技術部門の方の報告によると、中国などもポリアクリルアミドを材料として、注射薬を作っているらしいのですが、それらは、精製方法に問題があり、先進国の技術基準CE Marking(EUでの基準)を満たしていない工場で作られているとのことです。つまり、海外で報告されている数少ない合併症は、それらの商品に由来するものであり、東京青山クリニックで使用している、CONTURA社のアクアミドは、そのような報告は一切無いとの事でした。
今回の講義での新しい知見は、

【1】
アクアミドは、時間が経つにつれて極々薄い皮膜(顕微鏡でしかわからないレベル)で覆われる。そのため、周辺組織への広がりによる吸収が起こりにくいことが、組織学的に証明されている。

【2】
アクアミド自体は、98%が水で出来ているので自浄作用が働く、すなわち2~3ヶ月で水の成分が入れ替わり、感染などを防ぐような構造をしている。


以上の2点。

 
Lecture -講義-

講義中のDR.ANDREW。このDRは、Beauty and Health Clinic at Lakemba Medical Centerの院長で、美容学会で臨床試験の発表を行いマスコミにも多く取り上げられている。今回は主に、鼻を高くする方法・注入方法の講義が行われ、講義後は活発な質疑応答が行われました。その後は、LIVE SURGERYといって、実際の日本人の患者さんに注射をする実演講義が行われました。鼻・しわへの注射注入する方法・手技・適応などをいろいろ説明していましたが、DR.ANDREWと東京青山クリニックの方法は、ほぼ同様でした。

Certificate -認定書- Certificate -認定書-

本ワークショップの参加認定書。CNTURA社による講義を受けた者のみに認定書が授与されます。

  • 無料メール相談
  • ご予約
  • クリニック案内